フィナより効く!デュタステリド

デュタステリドは飲むタイプのAGA治療薬として、プロペシアなどよりも上回る効果が期待されているジェネリック医薬品となります。
デュタステリドの臨床結果においては、フィナステリドよりもおよそ33%の脱毛症状のある患者に対して効果を得られたというデータもあります。
デュタステリドには脱毛の原因となると考えられている5αリダクターゼⅠ型とⅡ型について、抑制させる効果があります。
5αリダクターゼⅠ型は、皮脂腺に多く存在しているもので、脂性によってニキビなどができやすい人に多いと言われています。
Ⅱ型は毛乳頭に多く存在していて、体毛やヒゲが濃い人に多いと言われています。
AGA治療として使用されているフィナステリドには、5αリダクターゼのⅡ型しか抑制させる働きがありません。
それと比較してデュタステリドは、Ⅰ型とⅡ型の両方を同時に抑制させる働きがありますので、強力に抜毛予防の効果があると言えます。
デュタステリドは前立腺肥大症の薬として開発されたもので、その結果として髪の毛が生えるという効果が得られたために薄毛治療としても用いられています。
日本では認可を受けていない治療薬ということになりますので、海外からの個人輸入によって購入するか、AGAクリニックなどで処方してもらうことで手に入れる形になります。
デュタステリドというものは薬の名前で、商品名としてはアボダードとデュタスという2種類のものが存在します。
アボダードは高額な値段となりますが、デュタスはジェネリック医薬品ということで割安な値段で購入することが可能なものとなります。
フィナステリドと同じように効果とは別に副作用もある医薬品となりますので、十分に注意をしながら服用することが大切です。